RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

きょうの舞台裏

京都の出版社 京都通信社のスタッフブログです。本の制作から出版までの道のりを同時進行で配信しています。
〈シリーズ 京の庭の巨匠たち 5〉重森三玲脅然の石に永遠の生命と美を贈る
0


    著(写真・文とも)  重森三明
    企画協力  重森三玲庭園美術館
    発行所  京都通信社
    装丁 納富進+秋葉敦子
    A4判変形 120ページ
    税込み価格 2,500円

    庭園は関係性のアートである。枯山水の庭では、大小さまざまな石が石組を構成し、また、石組どうしが関係しながら調和をみせている。庭の異なる要素は完璧につりあい、石組の強弱や石の大小で整えられた庭の景色には、人と自然の存在が投影され、そこに無限の拡がりを感じる。それは、庭がどこか、宇宙の姿を反映しているからであろう。私たち人間は、見る対象に感情移入し、自己同一視する生き物である。したがって、石組の一部から庭に見入り、次いで他の石組との関係を追い、最後は庭の全体像たる蓬莱神仙の世界を体感する。これは、映画やドラマで主演者や助演者の行動を追いながら、そこに描かれたストーリーや世界観を楽しむこととさほど変わりない。能の世界でいえば、シテとツレの語りや舞、相関関係から物語を把握して舞台を鑑賞することにも比較できるであろう。私たちは登場人物を注視し、場面、状況を捉えながら、作品の世界を旅することができる。これは庭も同じなのだ。
    (「はじめに」から)

    ■掲載庭園
    天籟庵(茶室・露地)/ 友琳の庭/ 西山氏庭園「青龍庭」/ 岸和田城「八陣の庭」/ 香里団地「以楽苑」/ 林昌寺「法林の庭」/ 豊国神社「秀石庭」/ 住吉神社「住之江の庭」/ 正覚寺「龍珠の庭」/ 如月庵(旧畑氏庭園)「蓬春庭」/ 石像寺「四神相応の庭」/ 西禅院庭園/ 正智院庭園/ 福智院「愛染庭」、「登仙庭」、「遊仙庭」
    | シリーズ 京の庭の巨匠たち | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    〈シリーズ 読めば知になるサイエンス 1〉 動物たちの不思議に迫る バイオロギング
    0


      監修  日本バイオロギング研究会
      発行  京都通信社
      装丁  高木美穂
      A5判 224ページ
      税込み価格 2,000円

      「バイオロギング(Bio-logging)」は、バイオ(生き物)+ロギング(記録をとる)を組み合わせた和製英語。日本の研究者が考えた英語ですが、今日では、世界中の研究者間で正式な学術用語として定着しつつあります。  生き物たちに記録計を取り付けて、いろいろなデータを取るバイオロギングという手法を使って、日本バイオロギング研究会の会員たちは、おもに水中に生活する動物たちを研究しています。研究成果は、学術雑誌に投稿されたのち、論文として出版されます。しかし、その論文の多くは英語で書かれるため、なかなか一般の方が目にする機会がありません。研究会では、学術成果の内容を広く皆さんに知っていただきたいと考え、このたびの出版を計画しました。 本書で報告されている動物たちの不思議な行動は、バイオロギングの手法によって初めて明らかにされたもので、この数年間に内外の学術雑誌で論文として発表された研究成果の一端です。難解な専門用語はなるべく使わずに、わかりやすく書くことを心がけました。 〈日本バイオロギング研究会会長 荒井修亮「この本を手に取られたみなさんに」から抜粋〉

      動物研究の分野に革命をもたらしたバイオロギング。 動物の行動学や生態学に精通した47名の執筆陣から 「新しい発見」が続々と!


      詳細はこちらから >> 京都通信社HP『動物たちの不思議に迫る バイオロギング』
      ご購入はこちらから >> 京都通信社HP『本のご注文ページ』
      | 京都通信社の本 | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      2008年12月22日〈夢窓疎石をめぐる座談会の日程が決まる〉
      0
        座談会の出席者のなかでも多忙なのが有馬頼底臨済宗相国寺派管長。相国寺は、夢窓国師を開山とされている。18日には電話で出席を快諾していただいていたが、資料を整えてお届けし、あらためて開催日時の決定をお願いしたところ、天龍寺派管長であった平田精耕の1周忌を過ぎた1月28日に時間を割いていただくことになった。出席者は有馬頼底管長、トーマス・カーシュナー師、西山美香氏、斎藤忠一氏と決定した。
        トーマス・カーシュナー師は、『禅僧になったアメリカ人』の著書でも知られる方で、夢窓疎石の思想についての造詣が深い。夢窓疎石のお墓のある臨川寺に客僧として住まわれている。
        西山美香氏は、『武家政権と禅宗―夢窓疎石を中心に』の著書があり、中世文学と宗教を専門とされている。とにかく、エネルギーにあふれた元気のよい研究者。京都の花園大学と京都女子大学に週に一度は講義に入洛されている。
        斎藤忠一氏は作庭家であり庭園研究家。重森三玲に師事され日本各地の庭を学術的に実測調査されている。西芳寺をはじめ、疎石の庭を情熱的に語っていただけるのは、この人をおいてほかにいない。すばらしい人選となった。
        このメンバーに決まるには、花園大学の佐々木閑教授、天龍寺の栂宗務総長などの助言をいただいた。しかも、有馬管長には、依頼の電話をしたところ、たまたま直に電話をお取りいただき快諾いただくという幸運にも恵まれた。

        | スタッフ日記 | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        2008年12月4日〈岸和田城「八陣の庭」の撮影〉
        0
          岸和田城「八陣の庭」の撮影に早朝に出発。重森三明氏とエマニュエルが2日前から撮影の申しこみ。当日の天気予報は晴れのち曇り、翌日は雨とのこと。下り坂の天気だから午後には曇ってくれることを期待。午前中は、砂紋を引き直し、落ち葉の掃除の時間に充てることにする。朝9時には、観光課などの関係者5人もの方に待ち受けていただいた。恐縮。ほぼ半日かけて引き直した砂紋は、天守閣から眺めるとやはり美しい。
          天守閣から鳥瞰して楽しむ「八陣の庭」はまさに革新的で、アヴァンギャルドの重森三玲の真骨頂。したがって、この庭の撮影の季節をいつにするかは、内部でずいぶん議論があった。八陣の庭の輪郭線を明確に撮影するならば、周囲の樹木の枝葉が枯れ落ちた季節にするのがいちばんというのが重森三明氏の意見。重森三玲氏は、周囲の樹木の紅葉や花の彩りに庭の造形がごまかされることを極端に嫌がったことは事実。そのために、三玲氏の庭は原則、植物は苔のみで、花木の植栽を嫌い、庭は白塀あるいは竹の壁で囲んでいる。植栽をせずに砂や小石を敷き詰めると便利なこともある。手入れが簡単で、雑草が生えない。庭師が入るコストも低減できるのである。三玲氏の庭の多くが現存する背景には、そんな理由もあるようだ。
          とはいえ、岸和田城の「八陣の庭」は、芝がその輪郭をつくり、その周囲をたくさんの樹木が飾っている。秋には、サクラやイチョウ、その他が紅葉する。三明氏は、祖父の美意識とこだわりを尊重して紅葉が散ったあとの撮影を希望するが、それではどうにも寂しい。茶褐色の芝はどこかもの悲しい。岸和田在住の井上馨氏が10月末に天守閣から撮影して送っていただいた庭は、緑の芝生がなんとも美しく見える。紅葉もはじまりかけて、やはり美しい。
          けっきょく、今年の3月まで岸和田市の商工観光課長を務められていた原 宗久市民生活部長さんのお奨めにしたがって、天守閣からの撮影は桜のシーズンを狙うことにする。華やいだ「八陣の庭」もまた別の顔を見せてくれるはず。
          井上馨氏をとおして原部長のお話もうかがうことができた。原部長によると、戦後復興期、城址の利用をめぐっては岸和田市の内部でずいぶん議論があったという。グラウンドにする話や転売する話まであるなかで、当時の福本市長は、こんごおかしな方向で利用されることのないようにと考えたすえに、福本市長の英断で重森三玲氏に作庭をお願いすることにしたという。「八陣の庭」の完成は、天守閣の復元が終わる1年前の1953年だった。
          蛇足だが、重森三玲の自宅だった重森三玲庭園美術館の庭には、三玲氏の奥さまの希望を入れて、枝垂れ桜の若木を植えたところ、いまや大木となって、あの緊張感のあるお庭が春ともなると、桜の枝が巨石の上にしなだれるように覆い、華やぐという表現にとどまらず、なんともなまめかしい空気が流れる。

          | スタッフ日記 | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          12月3日夜〈夢窓疎石作品集の編集会議〉
          0
            齋藤忠一氏の「夢窓疎石」論を拝聴するために、再度事務所にお越しいただいた。齋藤氏は、夢窓疎石のなかでも、西芳寺を絶対的なものとして重視される。その理由は、以下のようなことになると指摘される。
            1.焼失などによる改変をほとんど受けていない。
            2.龍門瀑の原点がある。
            3.枯山水庭園の原点がある。
            4.日本各地で修業した夢窓国師が、最後にその禅観の境を集大成したのがこの庭である。
            5.「禅の庭」とはなにかをもっとも象徴する庭であり、日本の庭の「清浄感」の原点がこの庭にある。
            6.利休は西芳寺の敷石にヒントを得て露地に石を敷いたと伝えられるように、利休以前の茶庭の原点がある。ただし、利休の敷石は現存していない。
            7.浄土庭園を禅の庭に変質・融合させた西芳寺の庭園は、義満の金閣寺や義政の銀閣寺に影響を与え、銀閣寺・金閣寺など、多くの「写し」を生み出すなどの歴史的意義も深い。
            8.歴代の為政者にとどまらず、現代の作庭家たちにも影響を与えつづけている。
            9.五山文学の発祥と美意識との関わりをもの語る庭である。
            10.いまも「掃除奉行(庭奉行)」があるなど、「禅の庭」の精神が受け継がれている。
            11.紀州や四国にしかない青石(最高権力の象徴)を初めて庭につかった先駆である。
             日本酒をこよなく愛す齋藤氏の庭についての造詣は、ほんとうに深く、なによりも庭をめぐる文化を愛していらっしゃる。論理的で鋭い指摘がつづく。
             そうこうするうちに、齋藤氏と同じく重森三玲の門人であり50年近くの親交がある佐藤昭夫氏が加わる。佐藤氏は現在、京都林泉協会の会長を務める。用意した「ぼたん鍋」らしきものを突きながら、夢窓疎石の人物像や作品集の構想がしだいに固まる。ただし、座談会や執筆者の人選は、いまだ決まらず。

            | スタッフ日記 | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |