RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

きょうの舞台裏

京都の出版社 京都通信社のスタッフブログです。本の制作から出版までの道のりを同時進行で配信しています。
<< 1月29日 | main | 〈シリーズ 京の庭の巨匠たち 3〉小堀遠州 気品と静寂が貫く綺麗さびの庭 >>
1月30日
0
    比叡山借景にした庭園として円通寺と並んで名高い正伝寺を訪ねた『重森三玲 永遠のモダンを求めつづけたアヴァンギャルド』では、重森三玲が復元修復した庭として紹介・掲載した庭だ。熱烈なファンがたくさんいる庭だけのことはある。私自身は初めて見せていただいたのだが『重森三玲 永遠のモダンを求めつづけたアヴァンギャルド』で紹介した写真以上に、刈り込みに立体感とボリューム感がある。しかも、借景比叡山が大きく迫る。掲載写真は、かなり短い広角レンズを使っていることで比叡山が遠くに感じるのだが、もちろん別の効果を生んでいる。ともかく、庭という立体藝術の果てしない可能性と力には感動を覚える。
    あらためて正伝寺さんを訪ねたのは『重森三玲 永遠のモダンを求めつづけたアヴァンギャルド』の見本を正伝寺さんに置いていただき、気に入った拝観者に電話やネットでの通販で買っていただく方式で、販売に協力していただくためだ。そのために、アクリル製の本立てと、京都通信社のドメインと電話番号などを書き込んだ名刺大の紙を用意した。メモ代わりに持って帰っていただこうというものだ。
    もちろん、正伝寺さんで販売していただければ、それにこしたことはないのだが、「こういう本はなかなか買っていただけません。かえってご迷惑をおかけすることになりますから」とのご住職のお言葉に、発売時は委託をあきらめた。とはいえ、ほかの社寺ではまずまずの売れ行きを示しているだけに、なんとしてもこの本を重森三玲のファンの目に留めさせたいという気持ちから、あらためてお願いにうかがったしだいだ。京都市内にある「ほかの重森三玲の庭も見に行こう」という気持ちになっていただくのがいちばん。
    ご住職は、大柄で線の太い印象だが、心はずいぶん細やかなお方だ。「では、どこに置くのがいちばんかな、目につきやすくて本が日焼けしないのはどこかな」などとおっしゃりながら、あちこちと場所を考えてくださる。恐縮至極。
    けっきょく、入り口近くに置いていただくことになって、安堵しながら雨上がりの参道をバイクを停めた駐車場まで歩く。お礼に、駐車場の縁に散らばっていた弁当箱の空箱と空きペットボトルを拾って、バイクのキャリイにくくりつけた。掃き清められた庭や参道を歩いた人間が、なぜこんなボイ捨てができるのか。「残念ながら、見本誌を持って帰る人がいますよ、覚悟してくださいね」と言わざるをえないご住職のお気持ちが読めた。
    | スタッフ日記 | 16:40 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    ホームページを充実されたんですね。今年は出版も活発にされるようなので楽しみにしています。
    | アオヤマオフィス | 2008/02/02 10:57 AM |

    御社の事務所の横の店【野あそび】がテレビドラマの撮影に使われてたんですね。新・京都迷宮案内で【野あそび】が出てました。御社に永遠の幸を!
    | 都の西北 | 2008/02/07 8:07 PM |

    御社のホームーページの問題点
    1.最初のオープニングページの写真がアジア各地のものになっている。(民博・・・?)
    2.スタッフブログがあまりにも文章が詰まっていて、読む気がしない。(読んでもらうように、人気ブログの書き方見るといいのでは・・・?)
    3.スタッフ紹介が何年たっても準備中である。(社員の入れ替わりが激しいのでは・・・?)
    4.リンクに使われていないホームページを載せていて意味あるのかな。(過去の実績にうつしたらどう・・・・?)
    5.京都百科全書が近日公開ってなってるけど、数日以上経っても公開されてない。(近日=数日では・・・?)

    気づいた点。
    | 京都のSE | 2008/02/14 2:09 PM |

    どうもこんにちは、珈琲屋です。
    この前は水煮の会に参加できなくてすみませんでした。
    避けてるわけじゃなくて本当に都合が合わなかったのです!
    どうか忘れないでくださいませ。

    ブログ始められたんですね!感慨もひとしお。
    私もブログやってますよ!全然更新してませんけど。
    http://tim-deluxe.ameblo.jp/

    今後も定期的にチェックさせてもらいますんで!
    | 珈琲屋 | 2008/02/15 12:02 PM |










    http://blog.kyoto-info.com/trackback/732188