RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

きょうの舞台裏

京都の出版社 京都通信社のスタッフブログです。本の制作から出版までの道のりを同時進行で配信しています。
<< 2008年12月4日〈岸和田城「八陣の庭」の撮影〉 | main | 〈シリーズ 読めば知になるサイエンス 1〉 動物たちの不思議に迫る バイオロギング >>
2008年12月22日〈夢窓疎石をめぐる座談会の日程が決まる〉
0
    座談会の出席者のなかでも多忙なのが有馬頼底臨済宗相国寺派管長。相国寺は、夢窓国師を開山とされている。18日には電話で出席を快諾していただいていたが、資料を整えてお届けし、あらためて開催日時の決定をお願いしたところ、天龍寺派管長であった平田精耕の1周忌を過ぎた1月28日に時間を割いていただくことになった。出席者は有馬頼底管長、トーマス・カーシュナー師、西山美香氏、斎藤忠一氏と決定した。
    トーマス・カーシュナー師は、『禅僧になったアメリカ人』の著書でも知られる方で、夢窓疎石の思想についての造詣が深い。夢窓疎石のお墓のある臨川寺に客僧として住まわれている。
    西山美香氏は、『武家政権と禅宗―夢窓疎石を中心に』の著書があり、中世文学と宗教を専門とされている。とにかく、エネルギーにあふれた元気のよい研究者。京都の花園大学と京都女子大学に週に一度は講義に入洛されている。
    斎藤忠一氏は作庭家であり庭園研究家。重森三玲に師事され日本各地の庭を学術的に実測調査されている。西芳寺をはじめ、疎石の庭を情熱的に語っていただけるのは、この人をおいてほかにいない。すばらしい人選となった。
    このメンバーに決まるには、花園大学の佐々木閑教授、天龍寺の栂宗務総長などの助言をいただいた。しかも、有馬管長には、依頼の電話をしたところ、たまたま直に電話をお取りいただき快諾いただくという幸運にも恵まれた。

    | スタッフ日記 | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.kyoto-info.com/trackback/824492